オフィスの地震対策はお済ですか?

日本は地震大国と呼ばれています。近年では、2011年の東日本大震災、2015年の小笠原諸島西方沖地震、2016年の熊本地震という大規模な地震が発生しました。また、2018年の大阪府北部地震や北海道胆振東部地震も記憶に新しいと思います。太平洋側の地域は首都直下地震や南海トラフ地震の影響を受ける確率が高く、東京都でも震度6以上の大地震が発生すると予測されています。そのため、従業員の命とオフィスの設備を守るために地震対策が急務となっております。地震に強いオフィスを作りたいとお考えのお客さまは成江堂オフィスワークスにご相談ください。

東京都三鷹市、武蔵野市周辺の地震対策工事なら
成江堂オフィスワークスにお任せください

成江堂オフィスワークスは東京都三鷹市、武蔵野市周辺で、地震対策工事のサポートを行っています。私たちは地震に強いオフィスレイアウトの作成やオフィス家具、什器の耐震工事などあらゆる地震対策工事に対応しています。地震対策工事をご検討中のお客さまは、成江堂オフィスワークスにお任せください。

  • 1.地震に強いオフィスレイアウト避難経路を考慮せずにオフィス家具や什器を設置すると、災害発生時に避難経路が塞がり避難が遅れてしまう危険性があります。そのため、地震発生時にオフィスの利用者がスムーズに避難することができるように、地震に強いオフィスレイアウトをつくる必要があります。成江堂オフィスワークスでは長年のオフィスづくりの経験から、地震に強いオフィスレイアウトを作成することができます。下記に地震に強いオフィスレイアウトを作成するポイントをまとめています。ぜひご活用ください。

    【地震に強いオフィスレイアウトのポイント】
    1.事前に避難経路を確定する
    2.避難経路付近にオフィス家具や什器を設置しない
    3.窓ガラス付近にオフィス家具や什器を設置しない
    4.キャビネット等が業務スペースに倒れ込まないレイアウトにする
  • 2.オフィス家具や什器の固定地震発生時にオフィス内で起こる被害の要因で最も多いのがオフィス家具や什器の転倒、落下です。オフィス家具や什器が転倒、落下すると従業員が怪我をしてしまう危険性があります。また、避難経路に転倒、落下することで従業員の避難が遅れてしまう危険性もあります。その他にも、オフィス家具や什器の転倒、落下先にパソコンや複合機などの精密機器がある場合、衝撃で精密機器が破損してしまう恐れがあります。精密機器が破損し、使用できなくなると業務の進行が遅れるだけでなく、重要なデータを失ってしまい復旧や新規設備の導入で多額の費用が発生する危険性があります。成江堂オフィスワークスでは、オフィス家具や什器の転倒や落下で発生する被害を最小限にするために、オフィス家具や什器に金属金具やL字金具を用いる等の耐震固定工事を実施しています。東京都三鷹市、武蔵野市周辺の地震対策工事なら成江堂オフィスワークスにお任せください。
  • 3.地震に強い家具の選定近年、日本では地震が多発しているため、地震に強いオフィス家具を導入している企業が増加しています。地震に強いオフィスをつくるために、オフィス家具を選定する際には、地震に強いオフィス家具を選定しましょう。例えば、キャビネットには地震の揺れで引き出しや扉が開かないようにする「引き出しラッチ機能」や「扉ラッチ機能」がついている商品があります。また、地震による影響でエレベーターの中に従業員が閉じ込められることを想定して、非常用トイレ機能を備えた「エレベーターチェア」があります。通常、オフィスには大きく転倒しやすいオフィス家具も数多くあります。そのため、早急に地震対策に取り組む必要があります。成江堂オフィスワークスでは、地震に強いオフィス家具をご提案することができます。お気軽にお問い合わせください。
  • 4.ガラスの飛散防止地震によってオフィス家具が転倒した衝撃によって、オフィスの窓ガラスが割れて飛散してしまうことがあります。窓ガラスが割れると、鋭い破片が広範囲に飛散するため、避難の際に避難経路に飛散したガラス破片により従業員が怪我をする危険性があります。窓ガラスの飛散を最小限に抑えるために、飛散防止フィルムを窓ガラスに貼り付けることが効果的です。しかし、オフィスにある窓ガラスのサイズや形は様々です。業者に依頼せずに貼り付け作業を行い、失敗してしまうケースを多く見てきました。成江堂オフィスワークスは、ガラスの飛散防止対策に対応しています。お気軽にお問い合わせください。
  • 5.有事の際の災害備蓄品大規模な地震が発生した場合は、電力の供給が止まることや、水・食料の確保が困難になることが想定されます。また、地震の影響で交通機関がストップしてしまい、従業員の帰宅が困難になる場合があります。オフィスに滞在しなくてはならない場合を想定して、オフィスには従業員の安全を守るために災害備蓄品を準備しておく必要があります。成江堂オフィスワークスではお客さまのオフィス規模に最適な災害備蓄品のご提案が可能です。その他にも、災害時活用できるハンマーやバールなどの工具や懐中電灯、ラジオ、ヘルメット、救助笛、軍手などの備品も合わせてご提案することができます。従業員の安全を守るために地震対策として災害備蓄品を確保しておきましょう。
  • 6.今からできる地震対策 ~防災ルールの作成~オフィス利用者や従業員の命とオフィスの精密機器を守るために地震対策は地震が発生する前に実施する必要があります。地震に強いオフィスレイアウトの作成や地震に強いオフィス家具を導入することも重要ですが、それだけでは、地震対策として不十分です。地震に強いオフィスをつくるためには、事前に「防災ルール」を作成する必要があります。詳細な防災ルールを作成し、従業員に徹底させることで地震による被害を最小限に抑えることができます。下記に防災ルールの例をまとめています。防災ルールを作成する際にご活用ください。

    【防災ルール 例 】
    ・避難経路や非常口付近に物を置かない
    ・重たい備品は床や低い位置に置く
    ・キャビネットの上にスペースがあっても物を置かない
    ・席を離れる際は机の中に椅子を入れてから移動する

成江堂オフィスワークスが選ばれる理由

施工管理で高品質な地震対策工事をご提供

地震対策工事は、実際に施工した後でなければ、地震対策工事の品質を確認することができません。成江堂オフィスワークスは、地震対策工事の施工管理経験が豊富にあります。そのため、地震対策工事の専門家として、しっかりとした施工管理を行い、高品質な地震対策工事をご提供することができます。また、「職人に言いたいけど言いづらい」ということがあれば、お客さまに代わって私たちが職人に伝えます。成江堂オフィスワークスは、お客さまにご満足いただける地震対策工事をご提供いたします。

年間100件以上のオフィス施工実績

成江堂オフィスワークスは、東京都三鷹市、武蔵野市周辺でオフィス移転やオフィス内装工事、オフィスレイアウト設計、パーテーション工事など、あらゆるオフィスづくりをご提供してきました。現在では、年間100件以上のオフィス施工実績があります。私たちは多くの地震対策工事の経験から地震対策工事で必要とされる現場対応力を備えています。地震対策工事ならオフィス施工実績が豊富な成江堂オフィスワークスに安心してお任せください。

土日祝日、夜間の地震対策工事にも対応

地震対策工事で発生する工事の内容によっては、長時間の工事を行う必要があります。場合によっては、お客さまの業務を一時中断していただくことがあります。また、地震対策工事の内容によっては、施工中に騒音が発生する場合があります。成江堂オフィスワークスでは、お客さまの業務に与える影響を最小限にするために、土日祝、夜間の地震対策工事に対応しています。また、当日は私たちが施工管理を行うため、お客さまが現場に立ち会う時間も最小限にすることができます。

成江堂オフィスワークスの施工実績

成江堂オフィスワークスは年間100件以上のオフィス施工実績があります。東京都三鷹市、武蔵野市周辺での地震対策工事なら、実績が豊富な私たちにお任せください。

ご相談の流れ

1お気軽にご相談ください。
地震対策工事のご相談やお見積りは無料で対応しています。お悩み事やご依頼内容をお気軽にご相談ください。
2お打ち合わせ(現場調査)
まずはお客さまのオフィスに訪問をさせていただきます。そこでお客さまのご要望を伺い、地震対策工事についてお打ち合わせをさせていただきます。また、施工現場の確認も同時にさせていただきます。
3提案内容の確認、見積の提出
地震対策工事を提案させていただき、お見積を提示いたします。今後のスケジュールや地震対策工事の施工までの流れの確認も合わせて行います。
4地震対策工事の実施
お打ち合わせをした内容をもとに地震対策工事を実施いたします。成江堂オフィスワークスでは、責任を持って施工管理を行います。工事品質もご安心ください。
5アフターフォロー
成江堂オフィスワークスでは、地震対策工事後も安心してオフィスをご利用していただくために、アフターフォローを充実させています。